平成21年度鉄道事業設備投資計画

4月30日付けで、今年度の事業計画が出ています。
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/4533_6586618_.pdf


個人的に、特に気になるトピックスは以下の通り。

  • 車両面

   ・新造:MSE(6連×1本)、4000形(10連×4本)
   ・更新:8000形(6連×1本、4連×2本)

   東北沢〜世田谷代田間1.6kmの進捗

  • 安全関係

   D-ATS-Pの導入(車載側の準備進行・多摩線での工事開始)
   EB装置の設置継続

下北沢付近の地下化工事進捗に伴い、今日の初電より代々木上原〜下北沢間の下り線が北側へ移設されました。
これまで、工事開始前と変わらない位置に下り線はありましたが、今後、その部分の地下が掘り進められていくことになりそうです。また、今回の切り替えで工事開始前から使用していた東北沢下りホームが使用停止になっています。

8000形8057Fが更新工事を終え、営業復帰しました。
4連口では2本目の更新工事だそうで。そろそろ運用固定を解除しても良いような気がするんだけど…10コテが増えた分、解除する必要も無いのかねぇ…??

防音カバー試験編成の3263Fが、カバーを外して試運転したとか。
もう、ネタ編成じゃないょ。。。(苦笑