本日から、7000系2連による競馬場線ワンマン運転が開始しました。
初日の今日は7422Fが充当されました。


なお、「東府中⇔府中競馬正門前」幕ではなく、それぞれの個別幕が使用されていました。

7711Fおよび7715Fを組み替え、改造された新・7711F+7811Fの10連が相模原線若葉台〜橋本間で試運転を行いました。
同編成は、もともとの7711F8連からサハ7511・サハ7561を抜き、7715Fから4両を持ってきて6連+4連にしたもの。


今後、残る元・7715Fの中間車とサハ7511・サハ7561の動向も気になります。

7805Fが相模原線若葉台京王多摩センター・橋本間で試運転を実施しました。
1往復だけではなく、日中に何往復かしていた様子。試運転の目的は不明…

7704Fが検査出場し、13時台のスジで若葉台〜橋本間を1往復試運転しました。
なお、上り方には7804Fを連結してました。


また、若葉台検車区内を覗いてみましたが、現在7723Fおよび7707FがATC取り付け工事を実施中です。

7423F+7710Fが若葉台〜橋本間で試運転を実施しました。
今回、7423Fは車内更新工事・VVVFインバータ化・ATC取り付けを、7710FはATC取り付けを実施しています。


なお、今回の試運転は7423Fが下り方に連結されるという本来とは逆の繋ぎ方をしており…何の意図があるのでしょうか…??